2019年3月12日火曜日

DNA528㎐音叉

この度、pureのヒーリングに音叉を導入しようと、DNA528㎐音叉を試験的に使いはじめました。

こちらは、失われた古代のソルフェジオ周波数のM1(DNAの修復、奇跡、愛と創造)を意味するパワフルなチューナーで、
なんと、生物科学者が壊れたDNAを修復するために使っている周波数だそうです。

ソルフェジオ周波数は現代の音楽では使われない音で、新しい刺激を脳と体に与えて調整していきます。
それにより固定した思考から新しい思考への変化を促し、脳の活性化を図ります。

私個人の感想としては、疲れた時に鳴らすと、フワァと癒される感じがします♪

試験的に導入しています。
体感して、ご感想を頂けると嬉しいです。