2019年10月18日金曜日

「怒り」という感情。

サロンにお越し頂いたお客さまには、時々お話しする内容ですが、

「怒り」は、エネルギー的にもキツイですし、出来れば感じたくない感情ですね。

でも日常的にどうしても、避けられない感情でもあります。

では、どうすると「怒り」は収まるでしょうか??

「怒り」は第二感情と言われています。

第二感情「怒り」のまえには、必ず第一感情があります。

第一感情は、悲しい、寂しい、辛い、情けない、悔しい、切ない…。
等ネガティブな感情です。

「怒り」の前にはそれらの第一感情が隠れています。

まず自分のそれに氣づいてあげる事が、「怒り」をおさめるのには大切です。

そして
「悔しいね」
「悲しいね」
等と自分の第一感情にしっかりと寄り添って、語りかけてあげると、
スッーと怒りが静まりますょ。

また、相手がいる場合には、「怒り」を相手にぶつける前に、
第一感情を相手に伝えると、大きなトラブルになりにくくなります。

「○○されて寂しかったよ」
「○○と言われると悲しいな」
等を相手に伝えます。


「わたし、怒ってる💢💢💨」と、感じたら、
是非試してみてくださーいネッ!!

「怒り」を持ち続けている状態は、ご自身の身体に治らない傷の痛みを持ち続けているのと等しい状態だそうです。

「怒って」素敵なことは何も怒ら(おこら)ないので〰️す。