2013年8月27日火曜日

こんにゃく湿布久々に

昨日は、久々にお客さまに、こんにゃく湿布をさせて頂きました。

ヒーリングの途中で、腎臓がお疲れな感じがしたので、提案してみました。

こんにゃく湿布について詳しくは以前のブログでも書きましたが、
10分間茹でた二枚のこんにゃくを、仰向けで、丹田と肝臓を20分温めた後、
うつ伏せで腎臓を20分温めます。


こんにゃくが、毒素や疲れを吸いとってくれます。

こんにゃく湿布は
疲れた時、内蔵の調子が悪い時、風邪をひきそうな時、等々
誰でもお家で、手軽に出来るのでオススメです。

そしてヒーリングをしている時に行うと、相乗効果で、さらに効果が高まるような感じがします。

私自身が、この相乗効果を体感していないのは、とても残念です。

いつか、ぜひ、ヒーリング+こんにゃく湿布を受けてみたいです。